ほっけ/Okhotsk atka mackerel

旬:春から夏

日本海、北日本、ロシアでまとまってとれる魚。

鮮魚よりも干物(開き干し)の原料として重要。
ホッケの開き干しは、1970年代後半くらいまでは比較的ローカルなものだった。これが脂嗜好から人気が高まり、今日に至っている。国産ホッケの干ものは庶民的なものであったが、近年国産ホッケを使ったものは高価なものとなっている。

大きい方がうまい。

ホッケの刺身-アニサキスの危険があるのでできるだけ新鮮なもの、活け締め、活けを買う。買い求めたらすぐ内臓を取り除き、ていねいに水洗いする。刺身にすると脂が身に混在して非常に美味。

申し訳ございません。検索に一致する商品が見つかりませんでした。