真ぞい/Sebastes vulpes Doderlein

旬:冬から春

北海道南部ではタヌキメバル(タヌキメバル、キツネメバルは同種の可能性大)とともに「マゾイ」と呼ばれている。関東などでも北海道での呼び名を使うことが多い。
ソイの代表的なものという意味で、またもっとも味がよいと思われている。

申し訳ございません。検索に一致する商品が見つかりませんでした。