鮭児/Chum salmon

旬:晩秋

北海道での呼び名。秋に産卵回遊してきたもののなかに混ざった未成熟の個体(サケの児)という意味。

刺身、塩焼き、煮つけ、蒸す(ヴァプール)、ムニエル、汁(潮汁、みそ汁)
刺身 サケの風味のする筋のないトロといった感じ。口の中でとろける。
塩焼き 焼くと中側からふわっと膨らんで軟らかい。芳醇でジューシーである。
煮つけ しょうゆ味で煮つけても硬くならず、しっかりとサケの風味と甘みが生きている。
蒸す 香りのある野菜とオイル、ワインでシュエ(suer)してみたら、やはりふんわりとして、身自体の味わいがあり、美味。
ムニエル 適度に軟らかく、バターとの相性がいい。
 汁に入れると玉のような脂が浮かんでくる。酒やみりんを入れなくても甘みが出るのは脂のせいだろう。非常に味わい深く美味しい。

申し訳ございません。検索に一致する商品が見つかりませんでした。